はげ防止

睡眠不足と薄毛の関係について|はげ防止

睡眠をとることは薄毛対策になる

薄毛を進行させる様々な要因の1つに「睡眠不足」があります。
夜10時〜夜中の2時までは体が成長するためのホルモンが分泌される時間であり、髪にとってもタンパク質が合成されて新しい髪や健康な髪が作られます。

 

しかし睡眠不足の状態で分泌されたこの成長ホルモンはまず、体の内臓など生きていくためには欠かせない部分を育てるために使われるため髪や肌などの成長は後回しになります。
特に若い世代は少しの睡眠でも次の日には体力が回復していることが多いですが、睡眠不足だと成長ホルモンの分泌量も少なくなってしまうのです。
また毎日寝る時間がバラバラであったり、この時間に寝ていても睡眠時間が短いなど不規則な生活もよくありません。
はげ防止するためにはしっかりとした睡眠時間を確保することが大切です。

 

 

毎日この時間に眠ることは難しいと思いますが、薄毛に悩まされている人は週に何日かはこの時間に眠る日を作ること、もしくは早寝早起きの習慣をつけることで髪にも健康にもよい生活を送りたいものです。

 

>>はげ防止方法【育毛剤やサプリの効果】気になる薄毛対策紹介に戻る